コンパクトな世界で一つの名前入りオリジナルギフト

最新記事一覧

2017年07月31日
男性用や女性用で形や柄のバリエーションも豊かを更新。
2017年07月31日
伝統的なお土産として海外からも大人気を更新。
2017年07月31日
コンパクトな世界で一つの名前入りオリジナルギフトを更新。
2017年07月31日
浴衣に合う縁起物のラッキーアイテムを更新。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

扇子を使う時に気をつけたいマナー

扇子と言えば、昔は呉服屋さんなど和装小物を取り扱うお店でしかお眼に掛かりませんでしたが、今では土産物屋さんはもとより雑貨屋さんや夏になればショップのプレミアや雑誌の付録等にも登場するようになりました。これは、すっとバッグに忍ばせて置いても全く邪魔にならない扇子のコンパクトさも、使用の裾野を広げている要素のひとつだと考えられます。勿論、節電やエコが声高に言われるようになったことも大きな要因になっていると思われます。扇子をさっとバッグの中から取り出すだけで、意識が高いように見えてしまうものです。ただし、バサバサと大きな音を立てて慌ただしく扇子を動かしているのは、周囲から見ていて見苦しいものですよね。扇子を使用する場合は、周りの方々に不快な思いをさせないようマナーにも気を付けたいものです。電車などの乗り物で使用する場合には、扇子を持った方の肘が体から離れないように注意しましょう。わき腹に肘を惹き付けると、扇子の位置が顔の前に来るようになります。そこで手首を少し捻るだけでふんわりとした風邪を起こすことが出来ます。まず、扇子は力強く動かしたからと言って風が沢山出ると言うものではありません。力任せに動かさず、ゆっくりと空気を動かす感じで煽ぎたいものです。扇子は、風で自分自身が涼を取りつつ、周囲にも目で涼をお裾分けしているのですから。

相手の好みに合うデザイン

扇子と言えば、昔は着物を着た際に使用するのが一般的でした。またお茶の稽古やお茶会でも使用される道具のひとつです。しかし最近は、着物に関わらず涼を得るために使用することが多くなり持っている人も多くなっています。そのような涼をとる道具としては、今まではウチワが主流でしたが、折りたためてコンパクトになる使いやすさで言えば扇子の方が便利です。夏のお祭りや花火大会など、外に持ち歩くのにも扇子の方が便利ですよね。さらに扇子なら使用する際もお洒落に使えるため、見た目にも良いと言うメリットがあります。そんな人気の扇子は、安いものなら100円ショップでも購入が可能です。しかし作りがしっかりしたものやデザイン的にこだわったものなどは、高価なものもありギフト品として使うことが可能です。扇子であれば、男女年齢問わず使いやすいものなので、きっと喜ばれるでしょう。扇子をプレゼントする場合は、贈り物として少し高価なもので選ぶことがポイントです。また性別や年齢、好みに合うようなデザインで選ぶことも大切でしょう。ギフトの専門店などでは名入れできるような扇子を取り扱っているケースもあります。特別感があるギフトにしたい場合は、そんな名入れの扇子がおすすめです。

イチオシサイト集

伝統的なお土産として海外からも大人気

扇子の起源と歴史 扇子は日本で誕生したモノと言うことが出来ますが、その起源と言われているのが桧扇(ひおうぎ)で、最初に…

詳しくはコチラ

男性用や女性用で形や柄のバリエーションも豊か

日常生活で使う扇子 日本の風物詩として、よく取り上げられるのは風鈴があります。夏になると、必ずといっていいほど風鈴の音…

詳しくはコチラ

浴衣に合う縁起物のラッキーアイテム

扇子の魅力とは 扇子とはうちわと同様に仰ぐことで風を起こす道具で、以前は扇という呼ばれ方の方が一般的でしたが、この頃は…

詳しくはコチラ

コンパクトな世界で一つの名前入りオリジナルギフト

扇子を使う時に気をつけたいマナー 扇子と言えば、昔は呉服屋さんなど和装小物を取り扱うお店でしかお眼に掛かりませんでした…

詳しくはコチラ