必要です!赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんが生まれ、1ヵ月健診が終わると外出の機会も増えてくるでしょう。外の空気や景色に触れさせることは大切ですが、怖いのが感染症です。それを防ぐために、赤ちゃんが産まれたら、生後2ヵ月頃から定期接種をするよう定められています。ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンの他にも、任意の予防接種もあります。多くの場合、お住まいの自治体から案内や接種券などが届き、かかりつけの小児科へ行って接種します。難しいのが接種スケジュールです。生後○ヵ月までに1回目を打たないといけない、1回目と2回目の接種は○週間あいていないといけないなど、多くの決まりがあります。接種スケジュールについては、かかりつけの小児科で教えてくれたり、スケジュールを組んでくれたりするので、聞いてみるといいでしょう。注射というと赤ちゃんが怖がったり痛がったりして大泣きし、一見かわいそうになることもありますが、怖い感染症になるほうが断然かわいそうです。大切なものですから、定期接種は必ず受けるようにしましょう。

赤ちゃんの予防接種は乳幼児期のリスクを減らす

子供がお母さんのおなかにいる間は非常に安全です。それはお母さんのおなかの中だと細菌やウイルスなどの感染の恐れが少ないからです。お母さん自身が病気になると困りますが、そうならないように日ごろから管理をしてくれています。いざ生まれて外の世界で暮らすようになるといろいろなウイルス、細菌に触れることになります。それに感染してしまうことで病気になることもあります。免疫力を付ける役割もありますが、子供の時期にかかると厄介な病気もあるとされています。赤ちゃんが受ける予防接種は、乳幼児期の病気のリスクを減らす目的があります。大人であればかかることがない、かかっても重症化したり将来的に影響しにくいようなものでも影響しやすいものがあります。事前に研究などでわかっているので、受けた方がいいものを受けておくようにします。

赤ちゃんの予防接種に定期接種の種類

冬になるとインフルエンザが流行することから予防接種を打つ方が良いとされています。子供のころはインフルエンザの注射を学校の決まりで接種した人もいるでしょう。今は必ずしも行っていないようです。時代によって必要な医療が異なっているようです。赤ちゃんが受けるものには定期接種と呼ばれるものがあります。これは法律によって決められていて、基本的にはすべての赤ちゃんが受けなければならないとされています。もちろん病気などで受けるのにふさわしくないときは免除されますが、正常な場合は受けることになります。法律で必ず受けるように決められているので、この場合に医療費は一切かかりません。子供の登録をしていれば定期的に連絡が来ます。その連絡の通知を持って行ったりすれば無料で受けられるようになっています。同じ目的で複数回接種しないといけない場合もあります。