赤ちゃんに予防接種は必要ですか?

赤ちゃんが生まれたらしなければいけないことといえば、予防接種ですよね。市の保健所に行ったら病院を教えてもらって無料でできる注射があることや約一万円の注射があることを教えてもらいました。ですがすべて任意なのでしなくてもいいみたいですね。実際、私自身は赤ちゃんから今まで予防接種や注射を一切していません。それで大きな病にもかからず、もう21歳になりました。医療の進んでいるアメリカでも、予防接種をするとその病気にかかるリスクが高くなるという調査結果が出ているそうです。注射をすること全てが悪いとは言いませんが、病気に敏感になりすぎるのも良くないと考えます。医療技術が発達し、いろいろな治療法や予防法も知られていますが、逆に何をしてはいけないと心配し過ぎているのではないでしょうか。寒いから外で遊んではいけないと子供に言うのではなく、子供に耐性をつけるためにも外で遊ばせることも必要なのかなと感じています。

赤ちゃんの予防接種について

赤ちゃんの予防接種についてです。接種には大きく分けて二種類あり、そのうち定期予防接種は、法律に基づいて各市町村が無料で実施します。他方、自費でワクチンを受けるものは任意予防接種といいます。乳幼児が1歳になるまでに受けたほうが良いとされている接種は7種類ほどあり、複数回のワクチン接種が必要になります。市町村が実施する接種については、時期が近づくと通知が住所地の自治体から届き、接種の無料券なども同時に配布されることになります。代表的なワクチンの種類としては、インフルエンザ菌b型や小児用肺炎球菌などがあります。こうしたワクチン接種は、重い後遺症の危険性のある感染症や死を招くような病気などから赤ちゃんを守る役割を担っています。ワクチンは必要な時期に必要な回数を接種するものなので、きちんとスケジュールを把握することが大切です。

赤ちゃんの予防接種について

生まれたばかりの新生児は、予防接種のオンパレードです。上手に工程を組まないと、受けそびれたなんて事も在りえます。スパンの短い物からなるべく先に受け、上手に回して工程を組んでいきましょう。自分では難しいなと感じたら、自治体の保健婦さんに相談してみるとか、掛りつけの病院や出産した病院で相談してみるのも良いでしょう。最初の赤ちゃんなど、解らない事だらけです。聞く事が何も恥ずかしい事ではありませんから、どんどん相談していくべきだと感じます。赤ちゃんも生まれたばかりの頃は、痛みなどの感じ方がやや鈍く、反応も遅いです。ですから、なるべく新生児と呼ばれる小さな内に、予防接種は多くをクリアしていた方が、本人にとっても痛みが痛みと良く理解できない内に終わりますから、お母さんとしても気が楽です。痛みと恐怖に泣き叫ぶ我が子を見ると切なくなりますから。