赤ちゃんの予防接種はきちんと受けること

赤ちゃんを出産して、1ヶ月を過ぎて健診を終え、問題がなければ赤ちゃんが2ヶ月に入った頃から、予防接種を受けていかなければなりません。きちんと自治体からお知らせも来ますが、自分でしっかりとスケジュールをたてて小児科などに通い、受けることが必要です。しかし何を受けていいのか、もちろん必須になっているものでしたら医療費がかからずに摂取することができます。しかし迷うのは任意接種のものがあるということです。これは、受けても受けなくてもそれぞれの家庭の判断になり、受けるとしたら高めの医療費がかかってしまいます。これを受けるかどうかは、主治医でしたり保健師さんなどにも相談できますので、迷った場合はそうしたプロの方の意見を参考にしましょう。迷ったり、スケジュールがわからなくなっても自治体の保健師さんに頼ることができます。とても心強いです。

赤ちゃんの予防接種について

赤ちゃんが生まれると考えなくてはならないのが「予防接種」についてですよね。月齢が小さい頃は、BCGや三種混合、ポリオ、MRなど、受けるべき予防接種がたくさんあります。とくに、一歳までに受けることが望ましいとされているものが多いので、最初の一年間は何かと忙しく小児科に通っていた記憶があります。しかも、予防接種というものは、年々接種の仕方も変わっているので、マメに情報を確かめることが必要です。我が家も二歳差の兄弟がいるのですが、上の子の時は麻疹と風疹のワクチンは別々でしたが、下の子の時は混合ワクチンになっていました。ですから、年が離れた兄弟などがいる場合には、とくにこまかくチェックしておいた方が安心です。また、住んでいる地域によってもワクチン接種時期に設定されている年齢が異なる場合がありますので、引越しなどをした際には早めにチェックしましょう。

赤ちゃんの予防接種は生後2か月からスタート

新米ママが驚くのは、赤ちゃんが受けるべき予防接種の多さでしょう。0歳で6種類から7種類の予防接種を受けなければならず、回数にすると15回以上になります。そのため、生後2か月になったら、必要性の高いものから受けるようにするのが無難です。最優先にしたいのは、かかると重症になる可能性の高いヒブ、肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎ウイルス、百日せき菌感染症です。ひとつずつ受けるのではなく、同時摂取をすると、免疫力をより早くつけることができます。注射を受ける回数や、摂取間隔もそれぞれ違っているので、スケジュール管理のアプリを利用すると便利です。予防接種を受けたら、アナフィラキシーショックの兆候があるか見極めるために、30分はその場に安静にしています。また、注射した場所を触らないように注意することも大切です。