日本の四季を感じる贈り物

最新記事一覧

2017年07月31日
男性用や女性用で形や柄のバリエーションも豊かを更新。
2017年07月31日
伝統的なお土産として海外からも大人気を更新。
2017年07月31日
コンパクトな世界で一つの名前入りオリジナルギフトを更新。
2017年07月31日
浴衣に合う縁起物のラッキーアイテムを更新。

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

風と夏を感じるプレゼント

暑いな、という季節には、涼しい風が爽やかに感じられます。暑い季節、夏のちょっとした贈り物には、ガラス細工や、扇子、金魚などように涼を感じさせるプレゼントが良いのではないでしょうか。涼し気な見た目、和柄や、ちょっと粋なデザインは、選ぶ人のセンスも光ります。扇子を使う様子は、涼し気で、優雅にも見えます。ビャクダンなどの様に素晴らしい香りが漂う扇子は格別な贈り物となるでしょう。そして、ほっこりとした日本柄の扇子はお土産にも最適です。価格も幅広く展開してありますから、贈り物にも選びやすい展開になっています。団扇、よりも扇子は、小さくなりますし、ちょっとエレガントなスタイルを演出しやすいでしょう。古都のお土産にも、扇子が選ばれるのは夏がもっとも多いものです。涼のプレゼントは夏にちょっと素敵な選択です。扇子を幾つもお持ちの方も、毎年新しいものを一つずつ使ったり、お孫さんに譲られたり、と無駄になることはありません。使えますし、見た目にも素敵なプレゼント、持っているだけで涼し気な扇子選びは、お土産店での楽しいひと時をつくってくれます。扇よりも小さいですから、おしゃれなバッグにもそっと忍ばせて、日本の夏を楽しんでみませんか。

手のひらの中のジャポニスム

西洋絵画の印象派。その巨匠、クロード・モネ。「水連」などの絵も有名ですが、傑作のひとつに「ラ・ジャポネーズ」という絵があります。「ラ・ジャポネーズ」とは「日本人(女性)」(もしくは「日本の」という形容詞)という意味です。白人の女性が「日本の着物」をまとい、その着物の絵柄を見せるように後ろ立ちにしつつ、上半身をこちらにひねっている構図です。着物とともに印象に残るのが、手に持つ「扇子」です。当時、日本から浮世絵が伝わり、ヨーロッパで「日本趣味」が大流行しました。その日本趣味を代表するアイテムの一つが「扇子」です。日本と似たような作りの「扇子」はヨーロッパにもあります。しかし、竹製でコンパクトにまとまる細工で、異国情緒(ヨーロッパから見て)あふれる日本の扇子は、きっと蠱惑的に見えたのでしょう。軽くて、日本情緒たっぷりで、実用的。これは外国人へのお土産にはうってつけの品だと言えるでしょう。こちらが訪問するにも、先方が日本から帰国するにも、かさばらず邪魔になりません。ヨーロッパの印象派の話をしましたが、アメリカ人にとってもエキゾチックなお土産でしょう。中東やアジアにも「扇子」はありますが、似たようなものがお国にもあるだけに、「ジャポネーズ」とはどこがどう違うのか話題になるお土産となるでしょう。もう一点、日本の「扇子」には、香木を使っていたり、日本のお香を焚き染めていたりすることが多いことも特徴ですね。先方のフレグランス文化との違いも話題になるでしょう。手のひらに収まる小さな日本の工芸品。海外の方にそっとお渡ししてみましょう。

扇子やスカーフ、かわいいうさぎやちりめんのオリジナル雑貨などをご用意しており「刻印名入れ」の注文も承っております。 父の日や母の日にも人気な京扇子のお買い上げサービスとして、ギフト包装が無料のタイプもあり各種ギフトに使えます。 当社の主力商品・サービスは扇子の制作と販売で、紳士用、婦人用、布製や紙製など、落ち着いたデザインの商品を多数取り揃えています。 扇子を買うなら京都の扇子専門店【舞扇堂】から

イチオシサイト集

コンパクトな世界で一つの名前入りオリジナルギフト

扇子を使う時に気をつけたいマナー 扇子と言えば、昔は呉服屋さんなど和装小物を取り扱うお店でしかお眼に掛かりませんでした…

詳しくはコチラ

伝統的なお土産として海外からも大人気

扇子の起源と歴史 扇子は日本で誕生したモノと言うことが出来ますが、その起源と言われているのが桧扇(ひおうぎ)で、最初に…

詳しくはコチラ

男性用や女性用で形や柄のバリエーションも豊か

日常生活で使う扇子 日本の風物詩として、よく取り上げられるのは風鈴があります。夏になると、必ずといっていいほど風鈴の音…

詳しくはコチラ

浴衣に合う縁起物のラッキーアイテム

扇子の魅力とは 扇子とはうちわと同様に仰ぐことで風を起こす道具で、以前は扇という呼ばれ方の方が一般的でしたが、この頃は…

詳しくはコチラ